価値が高い古銭の種類とは?

発行枚数が少ないものは価値が高い

古銭は現在流通されていない貨幣です。流通されていない貨幣の中には旧5円硬貨、旧50円硬貨、100円紙幣や500円紙幣なども含まれています。
現在流通されている1万円札は福沢諭吉が描かれていますが、1万円札は1984年11月1日から発行され、2007年4月2日に支払い停止になった旧1万円札も存在しており、現在では流通されていない事からも古銭に含まれています。
古銭は発行枚数が少ないもの、現存する数が少ないものなどに価値が在ると言われており、最近の古銭の中でも高く売ることが出来るものも多くあります。
また、紙幣の場合には通し番号が印刷されていますが、この通し番号が続いているものなども価値が高いと言われています。

滅多に見ることが出来ないお金もあります

古銭買取りのお店の中でも珍しいと言われているのがエラー銭と呼ばれている貨幣です。
紙幣のエラー銭には印刷時のズレなどが代表的で、何らかの原因でズレが生じた形で印刷が行われ、それが流通されたものです。
印刷を終えた後は検査が行われているため滅多に流出される事は無いのですが、検査をすり抜けて流通されたと言った特徴を持ちます。
硬貨においても成型時にズレが生じてしまったもの、穴開きの硬貨などの場合、中央に開いていなければならない穴がずれているものなどがあります。
エラー銭は稀にしか存在しないものであり、プレミアが付いています。
マニアの間でも注目が集まっており、古銭買取りのお店に持って行く事で高価買取りして貰えます。